女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

最近ハマっている日本酒銘柄

2018年1月28日

大阪の方の個別相談の前に、長女の習いごとの
送りの途中、黒山の人だかりがあり、
何事かと思った田中香津奈です。

 

20180128-1

最近不正流出でメディアを賑わしている、
コインチェックの本社でした。

20180128-2

社長は、全額日本円で、自己資金から補填するとの
ことですが、現実的には難しいでしょうね。

私はたまにビットコインについて聞かれますが、
一貫して否定的な立場。

取引所がまだベンチャー企業中心なので、
そんなところに大事なお金を預けることは
できないですし、税金の優遇制度もないので、
今のところ全くメリットを感じないです。

長女を送りに行った後は、
恵比寿駅前にある酒屋「紀伊国屋」へ。

なぜなら、現在お気に入りの「十二六」の
入荷の日だからです!

20180128-4

長野県佐久市の武重本家酒造の濁酒。
2週間に1回、限定6個しか入荷しません。

20180128-3

前回買い損ねたので、
事前に予約をして電話をいただき、
2本を購入。

20180128-7

味は、甘酒に炭酸が入り、
すっきりとしたのど越しで、桃のような
フルーティな香りがします。

なぜ、ネット全盛のご時世に
出向いて買いに行かなくてはいけないかというと、
キャップに穴が開いており、
横にすると漏れてしまうからです。

酵母が生きているので、
炭酸ガスでビンが破裂することを避けるため、
キャップに穴が開いています。

20180128-8

もうひとつ、マイブームなのが凍結酒。

秋田県の『山廃純米酒 飛良泉』を
ペットボトルに入れて凍らせ、その後
上下に振ると、

20180128-9

シャーベット状になります。

20180128-10

美味し過ぎるので、
いくらでも飲めてしまいます。

好きな日本酒を、
楽しく飲んで寝る毎日が、
私の健康の秘訣かもしれません。

良くなっていた!オリックス生命

2018年1月25日

オリックス生命のFP向け勉強会に参加した
田中香津奈です。

20180125-1

今回は新商品の説明会ということではなく、
事前にFPが興味があるテーマを事前について
アンケートを実施。

その結果、保険金に関わることを聞きたい
という声が多かったとのことで、
保険金部長の榎本祐二氏自らが話す
という異例の勉強会となり、
急遽会場を変更するほどの人気ぶり。

榎本氏は私が会社を立ち上げた頃からの
お付き合いで、昨年、
私自身日経新聞の取材で
「先進医療の直接支払い」について
コメントさせていただきましたが、
そのときも丁寧にレクチャーしてくれました。

テーマは、
「支払サービス・支払実績について
~ここまで変わった!先進医療直接支払サービス
(簡易)請求書類など~」

20180125-2

オリックス生命では、
先進医療給付金の中でも、
がん治療によく使われる
粒子線治療&重粒子線治療については、
医療機関への直接支払いを2015年から
始めています。

2018年1月現在、
厚生労働大臣が定める粒子線治療施設は
日本全国17機関ありますが、
榎本氏は1機関を除いて、
すべて訪問しています。

粒子線治療は1回300万円前後かかります。

この金額を「先進医療特約」から
給付してくれるのですが、
直接支払いサービスが始まる前までは、
保険会社から受取人に振り込まれ、
そこから医療機関に支払いをしていた
とのことです。

しかし、

「立て替えができないので、先進医療を断念する・・・」
「70歳以上の給付対象者が、実際医療機関に振り込みを
しようとしたら、銀行で振り込み詐欺と思われ、
送金できなかった」
「経営者の個人口座に300万円ほどのお金が保険会社から
振り込まれて、銀行にがんではないかと疑われた」
というような現場の声を医療機関に個別に持っていき、
直接支払いを対応してもらったという経緯があります。

オリックス生命は、
直接支払いを約半分の方が利用していて、
保険会社の中ではトップクラスです。

保険会社としては、直接医療機関に払うのは
事務が煩雑になるので敬遠しがちですが、
お客様の立場になって、先陣を切って
サービスを実現化していくという姿勢は、
もっと評価されるべきだと思いました。

最後に、バクバクと榎本保険金部長との記念撮影。

20180125-4

オリックス生命といえば、
保険料が安いというイメージが先行してしまいますが、
今は商品が良いのは当たり前となり、
付帯サービス等もかなり充実しています。

今年の4月に医療保険は各社値上げをする予定です。

今加入の商品について、何か違うと感じている方は、
先進医療の有無も踏まえて、人生100年時代に向け
医療保険の見直しするには良い時期に来ています。

社長ブレインに社労士渡邉勝行先生

2018年1月20日

2017年9月20日にスタートした、
イーエフピー主催「社長ブレイン」の
最終フォロー3回目を終えた田中香津奈です。

受講生の方の圧倒的な悩みが
「税理士はいるんだけど、
社労士との提携はどうしたらいいのか・・・」

ということだったので、

実際保険営業パーソンとも連携されている
先生のお話を伺うのがベスト!ということで、
私と懇意のある先生に、急遽特別ゲストとして
ご登壇いただきました。

東京・神田で渡邉事務所の所長をされていらっしゃる、
渡邉勝行先生です。

20180120

1998年に行政書士事務所を、
2000年に社会保険労務士事務所を
開業されているので、キャリア約20年。

そして、私が卒業生でもある TACの
社会保険労務士講座を長年 務めていらっしゃるので、
実務だけでなく、最新の社労士業界の知識も合わさり、
どの分野にもオールランウドに対応
していただける先生です。

20180120-2

本講座では、社長の手取りを増やす方法に
スポットを当てていたのですが、

今回は、社労士の業務の一つである
助成金についてわかりやすく講義を
していただきました。

これから社員を雇おうか、
すでに雇っている社長さんには
「聞きたい!」と思っていただける
内容でした。

20180120-6

・平成30年問題
・働き方改革
・生産性要件

この3つのキーワードを
社労士の先生と連携しながら
社長の悩みを解決していく、

素晴らしいコンテンツだったと思います。

20180120-7

そして、最後の社労士コーチング。

20180120-4

個人開業医の先生へのご提案、
実際に習ったスキームを現場で使ったときの
疑問、

など、あっという間の1時間でした。

20180120-8

主催者の花田社長(右)と渡邉先生(左)との3ショット。

20180120-9

これからの時代、中小企業の社長さんにとって、

法人税はどんどん安くなっていきますが、
社会保険料の負担は減ることはありません。
 
今後は社労士の出来次第で、
その会社の業績を大きく左右する
重要な役割を担う時代になってきます。

最後に、本日は昨年12月に開催した
「マネースタートアップ」の受講生の
個別相談がありました。

NISAと確定拠出年金がメインの相談でしたが、
あの時、始めて良かったなぁと思っていただける日が
来るものと確信していますし、きっと成功するでしょう。

銀行は、マイナス金利でお金を預けて欲しくないのです。

路面店舗も無くし、紙の通帳も無くし、
これからは口座管理料まで取ろうとしています。

金融機関にとって、預貯金が有難迷惑な時代になっていることを、
何ら行動に移せていない人は、改めて認識する必要があります。

2018年 新年あけましておめでとうございます

2018年1月4日

12月の忘年会シーズンが一段落したと思ったら、
人生2度目の帯状疱疹(たいじょうほうしん)になり、
年末年始は、外出すらままならず、ようやく、
始動し始めた田中香津奈です。

1月3日、2018年度初めての外出となり、
毎年恒例になっている
渋谷の金王八幡宮で初詣に行ってきました。

20180103-2

ここは焚き火があるので、
古いお札を燃やすことができるのですが、
その様子がなんだか美しいんですよね。

20180103-1

都会のど真ん中にあり、
後ろには自動車部品と電動工具で有名な
『BOSCH』(ボッシュ)の建物があり、
このコントラストが何ともいえません。
 
20180103-4

お参りした後は、
正月恒例の代々木公園での凧揚げですが、
長女も慣れたものです。

20180103-5

今年も風に乗り、高く上がってくれました。
高く上がると、清清しい気分になりますね。

昨年はいろんなことに挑戦し、
私にとっては、ターニングポイントとなるべく、
充実した1年を送ることができました。

本当に良い出会いがあったからです。

 
出会い繋がりなんですが、
年賀状で毎年やりとりしている
素敵な女性について書きたくなりました。

就職活動をしていた1995の大学4年の頃。

私は世界に名だたる外資系タバコ会社の最終面接に
残ることができました。

外資系の会社を受けた理由・・・

それは、私が7月第1週目にインドネシアで開催される
アジア学生会議に大学を代表で参加するためでした。

当時、就職協定で日本の大企業は7月の第1週が
採用の時期でした。

学長面接で、「就職活動に影響はありますが、
代表になりますか?」と聞かれ、

当時とても興味があった
アジア圏に行けるということで、
迷わず「はい!」といったのを
昨日のことのように覚えています。

自分のやりたいことを優先する性格は、
その頃から変わっていないのかもしれません。。。

しかし結果的に、
私は第一志望のその会社から
内定をもらうことができませんでした。

普通なら、そこで縁が切れそうなものですが、
その時の人事部だった方と、
20年以上年賀状でやりとりしており、
サントリーホールでのクラシックのコンサートに
一緒に行ったこともあります。

すごい知的で、さっぱりした感じが
魅力的な女性なんです。
一緒に仕事をすることはできませんでしたが、
本当に学んだことが多かったです。

今年の年賀状には、
今は某省庁の通訳・翻訳をしていらっしゃるとのこと。

私も関わりのある省庁なので、どこかでその方の
お仕事の文献を見ることもありそうです。

2018年も出会いを大切に、
コツコツと前に進んでいけたらと思っています。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

 

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2018年1月
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事