Written by Kazuna Tanaka

まだ間に合う!10月2日〆切 【申請すれば8割通る!最大150万円経費を国から引き出す裏技】 教えます☆

【申請すれば8割通る!最大150万円経費を国から引き出す裏技】 教えます☆

こんにちは、かづな先生です。

コロナ禍で「事業をオンラインに転換したい!でも資金をどうする?」
とお困りの個人事業主&社長さま向け

2時間でサクッと完成!
最大150万円の経費を引き出す
【持続化補助金<コロナ>】
申請書の書き方講座

を開催します。

10月2日〆切の今回が最後のチャンス!
持続化補助金「コロナ特別対応型」の申請書類をこの講座で揃えて提出しましょう。

【先着5名様限り!】
・開催日時:2020年9月19日(土)11:00~13:00
・場所:オンライン講座
・参加費用:12,000円(税込)
・特典:第2回受付分で審査に通った、かづな先生の
 「様式2:経営計画書」(PDF)

※特典は「これさえあれば、誰でも1日で申請書類が揃えられる!」最強のお手本です!!!
※対象者は、対象者をざっくりお伝えすると、法人または個人事業主。商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)は常時使用するスタッフが5人以下です。医師や歯科医師、または医療法人や一般社団法人は対象外になりますのでご注意ください。

»お申込みはこちらから

こんな方におススメです

こんな方におススメです
あなたは今、こんなことに困っていませんか?

事業オンライン化のアイディアはあるが資金がない

リアルセミナーをオンラインセミナーに切り替えたいが、費用がかさみ頭を抱えている

オンライン講座の仕組みを構築したいが開発費が工面できない

店舗やオフィスの消毒・清掃に経費がかかり困っている

補助金の講座は敷居が高い

世の中には色々な補助金講座がありますが、専門用語が多かったりなど、敷居が高いかなと思っています。
また、講師自身が審査に通っているかどうかも、公開していない方も多いです。

私は審査は通りましたが、恥ずかしながらも不備も出ました。これが普通です。
身近な存在に感じていただければ幸いです。

解決策

オンラインライブ開催のこの講座に参加して、質問しながら申請書類を一気に書き上げてしまいましょう!

この講座に参加すると・・・

たった2時間で申請書の書き方のポイントが理解できる!

最強のお手本がGetできる!
(すでに採択済みの私の申請書類一式のコピーを差し上げます)

受講後すぐに申請できる!(採択率80%以上・最大150万円給付!)

あなたのお悩みが一気に解決できること、間違い無しです!!!
»お申込みはこちらから

参考までに、前回ご参加いただいた方の声

・補助金ゲットのイメージが掴めました!情熱をもって書類を書き上げたいと思います!
・非常に、やる気が沸いてきました。7割ベースで早めに仕上げて、送付したいと思っています。 (不備を早く修正できるように)
・受講してよかったです。助成金を申請したことがなく、全体の流れもよくわかっていませんでしたが、講座を受けたことでポイントがよくわかりました。助成金の敷居が下がりました。
・時間が経つのが、とてもはやかったと思います。また、かづな先生の時間管理が素晴らしく、 (非常にテンポがよく 聞きやすく、又 休憩時間や、段取り等含めて、)すごく聞きやすかったです。
・とてもわかりやすく説明していただいて、ありがとうございました。

という感じで、嬉しいお声をいただき、私も大感謝です🙇

「持続化補助金<コロナ>」申請書の書き方講座とは?


すでに審査に通ったかづな先生のノウハウを全てあなたに教えます。
「補助金を申請するのは初めて、難しい…」と思っている個人事業主・社長さまが申請できる「キッカケとコツ」を提供します。
»お申込みはこちらから

カリキュラムは、無料公開済み

講座では、下記の流れに沿って進めていきます。

持続化補助金「コロナ特別対応型」のHPから「公募要領」と申請時に必要な書式をダウンロードすれば手続きはできますが、この講座では76ページにもわたる公募要領で見るべき箇所をパワーポイント1枚にまとめ、申請書に盛り込む内容の裏技もお伝えします。

また、ライブでの講座ですので、「私への質問対応」がついていて、申請完了しやすい環境です。

補助金申請は、大変です

ちょっと残念な残念なお知らせですが、経営計画書などを書いたことがない方にとっては、補助金申請の書類を作成するのに時間がかかります。

私は調査なども兼ねて、1週間くらいかかりました。通常業務をこなしながらの書類作りは、本業に集中したくてもできない環境となり、ちょっと辛かったです。

書き上げるには、審査員の傾向と対策が大切

給付金は申請すれば「もらえるお金」ですが、補助金は申請→審査を通過して「もらえるお金」です。

審査員に応援してもらえるように、情熱をこめて書く。
これができれば、審査に通る確率は高くなります。

今回の講座では、「補助金のキッカケを提供しつつ、情熱が伝わる書き方」を考えてみました。自力申請がメインです。

注意点:依存心が高いのはNGです

今回の講座は「無理して販売しなくていい」と思っています。

というのも、審査に通る確率は8割なので、100%保証ができないからです。
具体的には、「講座に参加すれば、150万円もらえるんでしょ」といった思考の人は、基本的にNGです。

塾とかイメージしたら分かりますが、東大用の塾に入っても、勉強するのは生徒です。そして100%合格は保証されてないですよね。

予備校の試験対策直前講座とかをイメージすると似ているかもです。切羽つまった感じで、先生のいる特訓講座という感じです。

それでは、オンライン講座でお会いしましょう

というわけで、ざっくり解説しました。開催日時などを、もう一度ご案内させていただきます。

  • 開催日時:2020年9月19日(土) 11:00 ~ 13:00
  • 場  所:オンライン講座なので、ご自宅で受講する事が出来ます。
  • 参加費用:12,000円(税込)
  • 特  典:第2回受付分で採択された、かづな先生の「様式2:経営計画書」(PDF)
  • 募集人数:先着5名様

率直に、私の調査にかけた時間とお金を考えると、かなりお得だと思います。
100%補助金申請が通るということではありませんが、申請まではたどりつけます。

持続化補助金の「コロナ特別対応型」は今回が最後のチャンスです!!
「よし!申請してみよう!」という方は、こちらからお申込みください。
» 持続化補助金<コロナ>申請の書き方講座の応募はこちらから