女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

仮説をたてることが大事

2017年1月23日

昨日の日曜日、
長女の学習机をいくつか見に行きましたが、
結局決められず。。。
4月までに本当に揃えるべきなのか
悩んでいる田中香津奈です。

今日は最新の世界経済についてです。

アナリストやエコノミストの予想は、
当然当たるときと外れるときがあるのですが、
私はひとまず仮説をたてるということが
大事だと思っています。

そこで、金曜日、
尾河眞樹氏の
「2017年の為替相場見通し
~トランプ政権下のアメリカと
長期のドル相場展望~」
を聴いて、印象に残ったところをご紹介します。

トランプ政権発足時ということもあり、
中心は世界経済、特にアメリカ、欧州についてです。

日本についての話題は、
安倍首相が任期延長の法案を通したことくらいでした。

選挙で大敗したり、支持率が落ちない限り、
現状が続くといった見解。

アメリカはトランプ政権発足により、
政治不透明感指数(EPU)がアップしている。

EPUとは、米シカゴ大学のデービス教授や
米スタンフォード大学のブルーム教授らが立ち上げた
Economic Policy Projectのことで、
新聞に掲載された記事を利用して、
月次または日次の頻度で経済の不透明性の度合いを
示す指数を開発したものということです。

ちょっと見ずらいですが、
右肩上がりになっているのがお分かりいただける
と思います。

不透明度は増しています。

20170123-01

そして、2017年前半は、
フランス大統領選があるということで、
世界のトップが替わる節目の年など、
大きな変化がある世界経済について、
わかりやすく講演されていらっしゃいました。

講演後、懇親会もあったのですが、
その合い間に新オフィスの看板前で、
尾河さんと2ショートです。

20170123-02

手には、昨年12月に出版された
「<新版>本当にわかる為替相場」
を持っています。

為替相場は難しいイメージがありますが、
わかりやすく解説されているので、お勧めです。

私も2017年に、資産形成スクールを立ち上げますが、
激動の情勢に惑わされることなく、
わが道を行く投資の考え方をお伝えしていきます。

今まで勇気を出して、
有料で個別相談にいらしていただいた方からの
ご要望を取り入れているのですが、
初めて私のことを知る方もいらっしゃいますので
「私が何ができるのか」ということを
今回メニュー化しました。

いわゆる、レストランに行くと見る、
メニュー表です。

題して「資産形成コンサルティング・メニュー 
かづな先生の50アイデア」なのですが、
「ためる」「ふやす」「もらう」の50アイデアを
ご用意しています。

20170123-03

実際、セミナーでは230ページのパワーポイントを
テキストとして、「ためる」「もらう」「ふやす」の
50アイデアを学んでいただくのですが、
現状は、個別コンサルティングの3ヶ月コースを
予定しています。

でも、時間的にもそんなに消化しきれないですよね。

なので、修了時には、この50アイデアから、
田中香津奈があなたの現状に合う
10個のメニューを厳選して、
「あなたのオリジナル資産形成メニュー」を作成して、
働く女性を支援していきます。

『器 たつのこ』に学ぶ

2017年1月18日

昨年の9月に頼んでいた
長女のランドセルがようやく届いたのですが、
私がはこのままの環境が続けば良い
と思っているため、
開けると小学生モードになってしまうのでは
と怖がっている田中香津奈です。

今週末の土・日2日間は、
急遽参加をきめたマーケティングセミナー
の初回でした。

現在HP制作をお願いしている方から、
「是非、かづなさんの今後のビジネスに
役に立つので、受講してみては?」
という提案をいただいた経緯があります。

保険営業パーソン、FP、士業といった
私が普段ビジネスをしている人が
一人もいないセミナーで、
とても新鮮な空気の中でスタートしています。

「働く女性の資産形成を支援する」
をミッションにかかげた、
「フェリーチェプランアカデミー」
の仕組みづくりを完成する目的で
参加を決めました。

昨年から取り組んでいますので、
メルマガ、セミナー内容、など
ほぼ完成に近い形なのですが、
何せ約6年ぶりの自社セミナーに向けての
最終調整なので、私自身が緊張しています。

今までの個別相談の声を元に構成していますが、
「あくまもベースは硬派な真面目な内容
だけど大丈夫なのか?」等々、
そんな不安でいっぱいです。

そんなことで、いかに良いと思ったものを
作っていたとしても、
情報発信の仕方でどれだけ変化があるか
ということを考えています。

そんなとき、
最近私がはまっている器やさんの
販売展開がとても参考になりました。

よくこのブログに登場する、
東京・青山「国連大学」で週末に
開催されるマルシェ。

最近は、食だけでなく、
アンティークマーケットというコーナーもあります。

そこではまっているのが、『器 たつのこ』。

このお店の特徴は中古品ではなく、
デッドストックである新品になり、
長年窯の倉庫に眠っていた食器を店主が買い付けて、
このように販売しています。

要するに主に海外輸出用(主にヨーロッパ)向けに
生産されたクオリティの高いMade in JAPAN
の器です。

例えば、このブルーラインのお皿ですが、
1950年~1960年代に、瀬戸・多治見地方で生産された
白磁器のうち、ブルーラインのものは
フランスに輸出されていました。

20170117-01

海外に輸出されるかもしれなかった食器が、
こうして陽の目を浴びるというところに
物語があります。

一見、話べたな店主ですが、
店舗をかまえていたときは、
売れ行きさっぱりだった
という話もしてくださるほど、
ざっくばらんな感じ。

ある時から、「待つ」ビジネスではなく、
「出向く」ビジネスにしたところ、
風向きが変わったとのこと。

20170117-02

これは、飛行機で機内食に使われるお皿。
よく見ると、
センターにシンガポール航空のロゴが入っています。

試しに2皿買い、朝食に使ったところ、娘達に大好評。

ダラダラ食べしていた朝食が、
あっという間に終わるようになったのです。

20170117-03

追加購入をしようと思ったのですが、
ロゴ入りは売り切れとのこと。

何か動きはないか!と、思わず、
器を見に行ってしまいます。

やはりリピーターが多く、
飲食店の方も来店されるようです。
  
昨年、梅田の阪急百貨店で初出品したようですが
好評のため、今年もやるようで、
その他、京都の東急ハンズでも
呼ばれているとのことです。

シンプルな食器ばかりですが、
興味のある方は是非足を運んでみてください!

ソニー生命出身の福地恵士さん

2017年1月11日

三連休は、
年末に突然保育園から依頼された
長女の卒業文集の作成に
集中して取り組んでいた、
田中香津奈です。

1月10日は、
自宅から自転車で約3分の距離にある
渋谷・フォーラムエイトへ。

元ソニー生命の福地恵士さん主催の
新春セミナーがあったからなんですが、
私も駆けつけました!

私がいつも仕事でお世話になっている
宗さんという方がソニー生命出身なんですが、
福地さんのことを新入社員時代から知っていて、
それから現在に至るまでの長いお付き合いとのこと。

1年くらい前に、福地さんの大山の事務所に
連れていっていただき、
いろいろとお話させていただいたというのが
最初のご縁なんです。

前回このブログにも登場した
RMLの清水社長が1991年に生保業界に
入ったのと同じ年ですので、
業界歴26年の知る人ぞ知る位置づけです。

話は脱線しますが、その宗さんの繋がりで、
昨年11月に岩井和泉さん率いる
「ソニー生命 新宿ライフプランナーセンター
第10支社」 の勉強会に呼ばれ、
講師をさせていただきました。

そのときの様子を掲載します。

img_0491

参加者が経験豊かなライフプランナーの
みなさまなので、社会保険労務士の観点から
基本というよりは、テクニック的な要素の強い
内容とさせていただきました。

話は戻りますが、
新春セミナーのゲストスピーカーは、
著書「成功はあなたのすぐそばに」の登場人物で、
私も、いろいろとお世話になっている
ライフプランナーの方です。
著書では上原素直(仮名)で出ています。

冒頭、福地さんの登場です。

20170111-01

上原素直さんは、
2016年度COTという基準を達成されましたが、
それは置いておきまして、
一流の営業パーソンって、
みなさんマメなんですし、
やっぱり努力されているんだぁ~っと、
いろいろと感銘を受けることが多かったです。

20170111-02

当日の参加者へは、
DVDの特典がありました。

福地さんはビデオ編集に関してプロ級なので、
こんなDVDもすぐ作成して、配布してくれます。

20170111-03

私自身、昨年は福地さん主催の
パーフェクトアプローチ(PAC)、
ダイヤモンドアプローチ(DAC)、
2泊3日の夏合宿にも参加させていただきました。

私は生保業界は長くなってしまったのですが、
自ら受講料を払ってセールス研修に参加したことはなく、
どんな感じなのか興味もあり、
私にとっては、初めて有料の生保営業パーソン向けの
セールス研修に参加を決めたといういきさつです。

2017011-04

すごい情熱的な方ですので、
中途半端な気持ちで参加するというのであれば
止めておいた方が無難です。

ただ、現状を何とかしたいという
保険営業パーソンであれば、
大きな気づきがあることは間違いありません。

次回はPAC研修は以下の日程で、

いずれも東京のエイムセミナールームの開催です。

●1月20日(金)~22日(日)
●2月24日(金)~26日(日)

このセミナーを受講すると、
法人保険のセミナーDAC研修も受講できます。

RMLグループ「感謝の会」

2017年1月8日

保育園ママ達は、
連日ずっと子供達と一緒にいることに
慣れていない人が多いと思いますが、
保育園が始まり、
ようやく日常生活に戻った
田中香津奈です。

年始2日目の1月6日は、
RMLグループ「感謝の会」
に参加するために大井町へ。

RMLグループ代表の清水英孝さんは、
プルデンシャル生命出身の
伝説のプランナーだった方で、
現在は教育研修事業をメインにされており、
この世界では数少ない別格の位置づけです。

ある理由から、
開始時間ギリギリになってしまったのですが、
開始間際の入り口付近で、
このブログにも度々登場する染宮先生を発見!

今年の2017年9月に、
20年以上、一度も休むことなく
月例セミナーを続けてこられた最強セミナーが、
通算300回を迎えます。

素晴らしいですよね。

保険税務のメンター、
染宮先生のことが気になる方は、
「染宮教育総研」を検索してみてください。

20170107

全国から860名の保険営業パーソンが、
きゅりあんの大ホールに集結です。

この感謝の会も10回目という節目の年です。

20170107-03

真打ち、清水社長の登場です。
あたり柔らかいトークです。

20170107-01

第一部終了間際左から、
染宮先生、見田村先生、鷹野先生
のご紹介がありました。

全員税理士先生なんですが、
資産税に特化した超一流の先生方です。

3分ほどの自己紹介タイムの中でも、
これからの資産税についての動向や対策の
必要さなど、 大変勉強になる話が
多かったです。

20170107-02

懇親会にも参加して、
RMLグループの清水社長とも
お話をさせていただきました。

時代に合わせた最新情報&圧倒的な人脈が、
顧客満足に繋がるのだと、 実感しました。

全体像としては、「社長の理想の姿」
というパズルがあって、
そのピースを一つずつ埋めていく作業
をしていく中で、
不足しているピースについて、
保険などの金融商品をあてはめるというのが、
保険営業パーソンの仕事ということでしょうか。

そのためには、税をはじめとした、
周辺知識が重要なのです。

税に関する流れとして、
法人税は減税で、個人は増税です。

つまり、いかに法人を活用して
個人の資産を増やしていくか、
これを論理的に説明できることが
求められています。

法人税の節税ではなく、
これからのキーワードは
「税引き前貯蓄の価値」なんだと、
改めて実感しました。

今年1月から、対象が広まった
「確定拠出年金」も含めて、
トータル的なアドバイスが
FPまたは社労士にも求められている
ということを痛感した1日でした。

冒頭、感謝の会に遅れそうに
なってしまった理由。

それは、会場近くの『永楽 そば店』
へ行っていたからです。

想定外の昼間の行列により、
時間をかなりロスしてしまいました・・・
 
醤油ベースの焦がしネギラーメン。
ここにたっぷりのラー油をかけるのが最高なんです。

 20170107-05

実は、ラーメンよりも
餃子の方が好きなくらいで、
サクサクの歯ざわりが特長。

こちらも、醤油+お酢、
そしてたっぷりのラー油を混ぜるのが
ポイントです。

20170107-04

ラーメンは早稲田にある『メルシー』も
大好きなんですが、
奇をてらわない昭和の味こそが、
私にとっては一番の決め手です。

明けましておめでとうございます

2017年1月4日

明けましておめでとうございます。

年末年始は遠出をすることが
なかったので、歩きと電動自転車のみ
での移動していた、田中香津奈です。

大晦日:恵比寿の通称タコ公園
(5,6年前は、もっと大きなタコでした)

 

20170104-02

元旦:長女が自転車で近所の公園まで
デビュー

20170104-03

2日:金王神社の初詣&渋谷MODI内で
カラオケ。
長女が歌いまくりです。。。

20170104-01

3日:代々木公園で凧揚げ
良い風が吹いてました!

20170104-04

と、人混みとは無縁の生活だったので、
心穏やかに過ごすことができました。

2016年は、
セミナー(講師ではなく受講生としてです!)
を通じて、たくさんの出会いと
たくさんの経験を積むことができた
貴重な1年となりました。

なぜなら、2005年の会社設立以来、
自己流でビジネスをしてきた私にとっては、
これまでの私にとっての常識を
根本的に覆されるようなことも
たくさんあったからです。

ドミノ倒しのように、
いろんなセミナーに参加しましたが、
同時にウン百万円というお金も使いました。

セミナーの分野を大きく分けると、
以下の2つです。

 ●マーケティング系
 ●生命保険系

いずれも、超トップレベルの話は
迫力も説得力も違います。

たとえば、
話し方がわかりやすいのはもちろんのこと、
セミナーの進め方が絶妙に上手です。

「時間」が一番貴重な私にとっては、
知りたかったことを最短ルートで
教えてくれたことが、
本当に価値がありました。

また、表面的にまとめた資料ではなく、
実際経験したこと、
お客様の事例に基づいた話をしてくれます。

だからこそ、説得力があります。

どちらの分野も、
メンターとなる先生に出会うことが
できました。

今後、私のビジネスおいて、本当に心強い存在です。

トータルでは
新車が買えるくらいの金額ですので、
2016年度の私の行動はバカじゃないのか
と思われる方もいるかもしれませんが、
私にとってターニングポイントと
なったことは間違いないと思っています。
 
というわけで、2017年は
これまでインプットしてきたことを
惜しみなく発信する、
アウトプット元年となります。

そして、6年ぶりの自社開催セミナーも
予定しています。

年初ということで、以下、私の決意表明です。

試行錯誤し、
最終的に辿り着いたミッションは、
『働く女性の資産形成を支援する』
です。

私が定義する「働く女性」というのは、
会社員や公務員として
「給与をもらう・もらわない」
ということだけではありません。

会社や診療所を経営している
夫の経理を担当している、
というのも「働く女性」です。

一方、夫が自営業者で、
給与は貰っているけれど、
実際には会社の経営や業務には
携わっていない
というようなケースは
該当しないという考えです。

私が自社セミナーを開催していた
6年前と比較すると、
金融商品のラインアップが
大きく変わりました。

これからは金融商品における
「リスク」の基本的な考え方を
分かっていないと、
完全に取り残されてしまうことでしょう。

一昔前と違い、
大切なお金が時を経るにつれて、
目減りしていく時代ということです。
 
2017年度、いよいよ出発の時が来ました。

「お金の心配」
「お金の不安」
「お金の悩み」
から解放されるために
必要な資産形成アイデアと
行動力を手にいれる
一歩を踏み出すために、
全力で支援をさせていただきます。

本年度もどうぞ
よろしくお願い申し上げます。

シンガポールに住みたくなった!

2016年11月17日

これまでのソニー生命の変額保険の
運用益を活用して、
4泊5日でシンガポール旅行ヘ
行ってきました。

運用益は旅行費用にするために、
別管理しているのですが、
オーストラリア旅行に続き、嬉しいです。

シンガポールへは
高校3年の春に行ったことがあります。

あれから24年の年月が流れてしまいましたが、
その時に乗ったシンガポール航空の
サービスの素晴らしさが印象的で、
今回も利用することに。

飛行機から見える景色を見て、
長女は何を思っているのかなぁ。

ずっと、外を眺めていました。

161117-01

出発の羽田空港は強い雨だったのですが、
富士山上空は晴れていて、 とても幻想的。

 161117-02

朝8時50分のフライトでしたが、
到着したのは夕方。 

161117-15

初日は、張り切って
屋台に食べにいったのですが、
帰りに流しのタクシーを拾うことができず、
宿泊先のマリーナベイ・サンズを目指して
歩くことに。

タワー1、2、3と3つの高層ビルを屋上で
連結した構造になっていて、
高さはなんと200m!

前半はここに2泊です。

161117-03

そもそもシンガポールに
雨季(10月から3月)があることを
知らなかった私は、
直前にチェックした
シンガポールの週間天気予報が
毎日のように雷雨でがっかり、、、。

しかし、現地では、天候に恵まれました。

ホテルから見える日の出はとてもきれい。

161117-04

朝食のバイキングの1つで
気に入ったのが麺類。

まっさらな麺でしたが、
香菜や赤とうがらしなど、
トッピングをてんこもりにして、
オリジナルのアジアンヌードルに。

161117-05

雨が降らないうちに、
最上階57階のプールに行くと、
シンガポールの都市部が一望。

夢のようなひとときでした。

161117-06

161117-07

「シンガポールは物価が高いよ」
ということを聞きますが、
とにかく飲み物が高い。

これはホテルの中のコーラの例ですが、
特にビールは高いです。

161117-08

プールにいる時間が長かったのですが、
お決まりのマーライオンには行ってきました!

とにかく、中国人とインド人の多さにはびっくり。
 

161117-09

後半2泊は、
都市部から少し離れたセントーサ島に
移動。

宿泊先は、ハードロックホテルです。

前半とは違い、
ほぼすべて徒歩圏内で動くことができました。

まずは、ハードロックカフェでケーキです。

161117-10

長女のお誕生日週間なので、
ケーキを頼んだと言ったら、
「Happy Birthday!」を
してくれました。

サプライズ演出がとても嬉しかったようです。

161117-11

「大人も子供も楽しめる」
というキャッチフレーズで
このホテルにしたのですが、
プールも浅めで滑り台もあり、
次女も初めて浮き輪デビュー
することもできました。

161117-12

ユニバーサルスタジオに
行った日は、これぞ雨季
といった感じの スコールに。

161117-13

雨やどりがてら入った屋内施設は、
懐かしの「セサミストリート」。

中学時代は、セサミストリートを見て
英語の勉強をした記憶があるんですが、本
物を見るのは初めて。

私が興奮してしまいました。

161117-14

結局雨はやまず、
シンガポールの「キッザニア」へ移動。

日本と同じくらい混雑していたのですが、
すべて英語対応の中、
長女はなんとか溶け込もうと頑張っていました。

とにかく、シンガポールは物価が高いですが、
どこの公共施設もきれい。

そして、蚊はほとんど見かけない。

昨年のオーストラリアは、
借金が世界一少なく、
そして2050年までに
もっとも人口が増加する国で、
経済的効果を感じることができました。

そして、今年のシンガポールは、
日本から撤退した
多くの金融機関が連なっていました。

日本も快適ですが、
やはり今後のお金の行き先は、
海外なんだと強く確信した
旅行となりました。

そういったことをふまえた
資産形成スクールについて、
着々と準備が進んでいます。

田中香津奈の
これまでにない情報発信を
楽しみにしてくださいね。

「FP FAIR 2016」実況中継

2016年10月13日

前回のブログでは、
セミナーの様子が無かったので、
改めてアップさせていただきます。

ご好意で、FP協会の方から
SNS用写真を送っていただきました。

ありがとうございます!

161013-01

先ほど、
当日サプライズ参加してくれた
商工中金の義兄と電話で話しましたが、
ES(エデュケーショナル・セッション)
の中では 一番広めの会場だったとのこと。

 161013-03

このセミナーを受講すると、
継続教育の単位が 1.5単位がもらえます。

161013-02

名刺を改めて見てみると、
北海道、富山、東京、大阪、兵庫、
京都、奈良、三重、熊本、鹿児島、
などなど、全国各地からの参加です。

161013-04

今回のFPフェアがきっかけとなり、
私と年齢が近い 弁護士先生と
お会いすることになりました。

161013-05

東京永田町法律事務所代表の弁護士、
税理士の長谷川裕雅先生です。

年齢は私の1つ下で、同世代になります。

早大政経卒業後、
朝日新聞社の記者をしていたとのことで、
国会議事堂隣に事務所を構えています。

なんか堅そうと思われた方はいませんか?

全くそんなところはなく、
とても気さくな先生なんですが、

実は、
販売部数10数万部を突破した
ベストセラー書籍
「磯野家の相続」の著者だったのです!!

http://磯野家の相続.com/

今後、セミナーなど何らかで
ジョイントさせていただきますので、
どうぞお楽しみに!!

『ねんきん定期便』を活用した保険の見直し方

2016年10月10日

という内容で、
FP協会主催の「FPフェア2016」
10月9日(日)に、
登壇してきました。

今年は、記念すべき第30回目となり、
今年の会場は、大阪・梅田のグランフロント大阪。

161010

 「FPフェア」とは、
19万人のファイナンシャルプランナー
(FP)が属する、日本FP協会が、
年1回開催する会合です。

全国からFPが出席していて、
今年は1,500名以上の来場とのこと。

JR大阪駅から直結なのですが、
会場までは、立ち寄りたくなるお店が
ずらりと並んでいて、
誘惑が多かったのですが、
12時前に会場に到着!

161010-01

参加者には、
2日間すべてのセミナーのレジュメが
冊子になっているものをもらいます。

1cmもあるカタログのような冊子ですが、
これがまたすばらしい。

161010-05

よくある雑誌mookより、宣伝なしで、
最新情報が満載。

何より、他のFPの先生の原稿は読んでも、
セミナー資料を見ることはあまりないので、
セミナー講師としては、この冊子は大変勉強なりました。

首賭けのネームプレートを受け取り、

161010-06

155名収容の会場を
下見させていただきましたが、

161010-02

「満席」とのことでした。

161010-03

竹下さくら先生は、
私にとっては常に基準となるべき
存在であり、
ありきたりな情報を
まとめ上げるだけのFPとは
一線を画した本流の硬派な姿勢に、
私自身影響を受けているところが
多いです。

私が会社を設立して、
初めてメディアに出た
女性誌「oggi」が2006年1月号。

記事の中で、竹下さくら先生と
同時に掲載させていただいた感動は
今でも忘れられないです。

161010-08

FP勉強会でお会いすることも多いですが、
なかなかお話する機会もなかったです。

今回、控え室でご一緒させていただき、
お子さまのことなどプライベートな
ことまでお話することができました。
  

15時~、
私のテーマである
『「ねんきん定期便」を活用した
保険の見直し方』です。

壇上から見渡すと、
知っている顔ぶれがチラホラと。

商工中金に勤務している義兄の姿も発見し、
緊張というよりは安心することができました。

90分、初のホワイトボードなし、
そして質疑応答なし、
レジュメ20枚と、
いろいろと制約があったなか、
無事に 終了。

161010-04

 

最後に長女の運動会についてです。 
セミナー前日の10月8日(土)。

来年から小学校のため
今年が最後だったのですが
あいにくの雨。

体育館での開催となりました。

1歳の頃から参加しているので、
いろんな思い出が頭の中をよぎり、
大きくなったなぁっと、
感慨深かったです。

最後はメダルをもらって無事終わりました。

161010-09

今年もあと3ヶ月。

大きな行事が終わって
ホッとしていますが、
これからセミナー開催の準備を
着々としていきたいと思います。

ビールの値段

2016年10月4日

9月は個別相談で、
異例の日曜日・祝日なしだったので、
久しぶりの休日。

お天気も良かったので、
神宮球場外野席へ。

東京六大学野球の外野席は
女性、中学生の団体、65歳以上の方、
小学生までの同伴の子どもは無料です。

161003-03

日光浴してる人も多く、
広々としているので気分爽快!!

何となくですが、
この周辺は良い『気』が集中しているように
感じるので、外苑周辺は好きな所です。

ただしこの神宮球場は、
2020年東京オリンピック後には、
隣接する秩父宮ラグビー場と
場所を 交換する形で
建て替えが決定していますので、
少し寂しいです。

161003-01

球場でのビールは欠かせませんが・・・

161003-02

神宮球場内のビールの値段設定は、
見過ごすことができません。

お店まで買いに行くと、
このように750円もします。

161003-04 

しかし、女性の売り子さんが来ると、
缶ビールを開けて注いでくれて500円

男性の売り子さんは、
瓶ビールを空けて注いでくれて450円

すべて、同じ種類のコップです。。。

だから何なんだ!といえば
それまでなんですが、
個人的な感想としては、
やはり最初の生ビールののど越しは最高。

その後は酔っ払っているので、
違いがよく分からず、
450円で十分という結論です。

しかし、売り子さんの場合、
飲みたいときほど来てくれないので、
タイミングが重要。

そのジレンマに耐えなくてはいけません!!
 
日曜日はあまりの暑さに、
早々に神宮球場を後にして、
アイスリンク場を見学に。

途中、長女がよく練習をしに来ていた、
自転車の乗り方教室をやっていて、
何だか懐かしい。

161003-06

300円くらいの入場料を払い、
見学してみました。

お教室もやっていて、
私と同年代くらいのお母さんが、
第二の真央ちゃんを目指して、
真剣に我が子を応援していたのが
印象的です。

161003-07

国立競技場跡地って、
現在こんな状況。

数年後の東京オリンピックで、
満員になることが想像できないくらい、
だだっ広い敷地でした。

161003-08

最後に10月2日、
日本生命がちょっと変わった女性向け保険を
発売したので、ご紹介させていただきます。

出産時の給付と特定不妊治療の保障により
出産をサポートする商品は、
業界初となります。

ペットネームは「シュシュ(Chou Chou)!」。
正式名称は「出産サポート給付金付3大疾病保障保険」
対象年齢は、16歳~40歳の女性限定。
↑矢印あれっ、私まさかの対象外に・・・。

出産給付金として、
1人目10万円、2人目30万円、3人目50万円、
4人目以降・・・支払回数の限度なし、
の一時金。

特定不妊治療給付金が
最大12回までもらえます。

この特定不妊治療とは、
対外受精・顕微授精のことです。

公的助成制度は、
妻の年齢が43歳未満
(↑これギリギリセーフ)で、
夫婦合算の所得ベースで
730万円制限がありますが、
高額になるケースも多々あるので、
このような保険が経済的リスクを
軽減してくれることになります。

さらに3大疾病と死亡に備えた、
満期時に一時金が戻る養老保険
ということですね。

アフラック時代に新商品開発にあたり、
各部門から選抜されることがあり、
私がそのメンバーに選ばれたことがあります。

その時に私が提案したのが、
「キャリア ウーマン インシュアランス」
略して「CWI」。

ベースは医療保険で、
女性の就職→出産→定年退職、
など節目の際に祝い金がもらえるという
保障内容です。

当時、
「案はいいけど、保険数理的に難しいなぁ」
と却下されましたが、
今回日本生命から発売された商品は、
当時の私のコンセプトに近いのでは
と思いました!!

単発個別相談の申込み終了しました

2016年10月1日

前回の「お知らせ」ブログを
見ていただいた方から、
最後の駆け込みの個別相談がありましたが、
最終的には29組のお申し込みがあり、
昨日を持って単発個別相談のお申込みを
終了しました。

後半に集中していたために、
かなりタイトなスケジュールでしたが、
ほっとしています。

独立系FPの有料個別相談を開始してから、
15年目。

セミナーに集中していた時期や、
2度の出産前後で、
一時期休止したことはあっても、
約1800組もの相談を受けてきました。

無料ではない中、
みなさんよく来ていただいたなぁと
感慨深いです。

「かづな先生のマネー相談」
から始まり、
メール相談や電話相談もしたこともあります。

主に「お気軽プラン」と「満足プラン」という2本柱。

会社設立以降は、
「かづな先生のセカンドオピニオン」、
通称「セカオピ」で
長い間みなさんのご相談を承ってきました。

その中で共通して、
特に、最近顕著なご相談は、

「現役時代の生活レベルを落とさないで
 ねんきんライフを手に入れたい!」

です。

私がアラフォーなので、
年齢層が近い独身女性の方、
私が5歳と2歳の子どもがいるので、
同じような年齢のお子さまが
いらっしゃるママ、
私が会社を経営しているので、
経営者の奥様やドクターの奥様

ご相談の約7割が、このような方々です。

有料相談だからかもしれませんが、
現状厳しい生活で、
路頭に迷っている方からは申し込みはなく、

言い方が悪いかもしれないですが、
現在の仕事・私生活が
きちんとした方ばかりです。

女性からの相談が圧倒的に多く、
また、家族や経営者にそういう影響力が
強い女性から期待されているということで

「ネオマネースクール」が女性向け
ということが一目でわかるように、

女性のための資産形成スクール
「フェリーチェプランアカデミー」

とすることにし、
数々のメソッドをご紹介していきます。

今まで、私は、金融商品の活用のセミナーや、
金融商品の販売側が主催するセミナーに、
数多く参加してきました。

セミナー参加者の大多数は男性であり、
女性の参加者は少数です。

女性は私1人ということも多々あります。

参加者は一流の方ばかりで、
みなさん紳士的な対応なので、
私個人的には居心地が悪いと感じたことはありません。

全体的には

「お金に関するレベル高めの情報を得る
セミナーは、男性社会、男性優位」
ということなのです。

男女は同権であっても、同質ではありません。
従って、男性と女性とではおのずから、
受ける教育に違いがなければなりません。

女性にふさわしいお金との付き合い方を
身につけるのは、
女性だけの資産形成スクールが理想。

以上が、
私が女性限定の資産形成スクールを
立ち上げようと思った理由です。

このスクールを通じて、
女性の方々にどんなことが伝えられるのか、
このブログで次回以降お伝えできたら
と思いますし、
生保募集人向け、
社労士向け事業も考えています。

最後にマスコミ掲載、2つ同時お知らせです。

週刊朝日MOOK「高齢者ホーム2017」
に登場しています。

高齢者ホーム 2017 (週刊朝日ムック)

 

「あの書類が重要な手掛かりに・・・
 いったいいくらもらえる?
 親子で年金でチェックしよう」

を監修しています。

50歳未満の「ねんきん定期便」
の見方をフローチャートにしています。
また、
「知らなきゃ損する!
介護関連の控除の話」は、
メディア初の話題を提供しています。

よろしければ、ご参考にしてください。

私の祖父がいる介護施設も
評価の対象に掲載されていましたが、
最も気になったのが、
居酒屋和民の介護事業を買収した
SONPOケアそんぽの家」が
全国各地にあることです。

そして、2017年の家計簿のコラムを
監修したものが3冊発売されました。

クッキング家計簿 シニア家計簿 シンプル家計簿

普段は引き受けることのない
節約についても取材協力しています。

取材は、真夏のときだった記憶があるのですが、
冷房をつけっぱなしにしても、
ほとんど電気代は変わりません。

PCでも同じことが言えますが、
付けたり消したりが効率が悪いものです。

特に今年の夏は、家に帰ってきても、
ホテルのような環境で快適でした。^^

先日、3年に1度の電気業者の点検が
きたので、その旨を話していたら、

「冷房と除湿はまた大違いです。
除湿にしていると、
ファンに負担がかからないので
電気代があまりかからないのです」

時々蒸し暑い日は、
除湿をつけて快適にすごしています。

そのほか、2017年のお金の流れを
よくするコラムが掲載されています。

よろしければ、
来年のお金の管理にお役立てください。

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年5月
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事